不登校生は年々増加傾向にあります。不登校生に対して、無理に「学校に行きなさい」と言っても、お子様のプレッシャーになるばかりで、逆効果であることも珍しくありません。「学校へ行きたい」と自然に思えるようになるまでのフォローが何よりも大切です。

様々な問題を抱える不登校生へのマンツーマンサポート

私たちの目的は、「将来社会人として順応し、活躍できるよう指導する」ことです。学習指導を基本に、お子様が抱える問題、コミュニケーション能力のサポート、生活習慣の指導など、一人ひとりにあった学習カリキュラムを提案していきます。お子様にとって「今、最も必要な学習内容は何なのか」を見極め、目標を達成するために必要な学習の計画を立てて行きます。それをお子様と一緒に実践していくためにマンツーマンでの指導はとても有効で、理想に近いと我々は考えています。お子様・保護者と私たちが協力し前向きな姿勢で立ち向かう事が、問題解決の第一歩となります。お子様の将来の礎となる大事な学生時代を、より良い形で生活していけるよう、私たち教師は愛情と熱意を持ち、日々の努力を惜しまず取り組んでいきます。

小中学生 小学校通学代替コース

2016年に「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」(略称、教育機会確保法 以下同)が施行されたのはご存じでしょうか? 

この法律は、国が、義務教育下にある不登校児童・生徒の無理な通学はかえって状況を悪化させる懸念があり、子供たちの「休養の必要性」を認め、不登校の児童生徒が通いやすい民間のフリー・スクールや公立の教育支援センター、特別な教育課程をもつ不登校特例校など、学校以外の教育機会を確保する施策を国と自治体の責務とし、必要な財政支援に努めるよう求めて施行された法律です。

要約すると、不登校状態ある小中学生が、学校ではなく他の適正な教育機関で学ぼうとするならば、それを応援しよう。つまり、「学校外での学びも学校の出席のように取り扱う」というものです。実際に 株式会社KG下関 KATEKYO学院下関 では、市内の一部の中学校において学校長と教育委員会より承認いただき、当社での学習時間を中学校での出席と同様にみなしていただいています。これは教育機関として様々な条件がありましたが、条件の一つとして当社が毎朝開校しており、土日も含め毎日授業を行えることも大きな要因でした。出席とみなしていただけるにも学習開始時間や一日の学習時間、学習教科等様々な条件がありますが、支社の取り組みを評価していただけたことは、不登校の悩みを抱えるKATEKYO生にとってもよかったと感じています。

実際に配布された通知表を見ると、観点項目の内、学校での取り組みを評価する項目について(聞き取りや発表、小テストや副教科の作品つくりなど)は良い評価がつきにくいのですが、当社では学校から出される課題の提出や定期テスト対策を行うことができますので、教科によってばらつきはありますが全教科4~2の評定がつくようになりました。教育機会確保法が施行される前は通知表が出ても「オール1、出席日数0」がほとんどでしたので、評定が出ることで高校受験の選択肢が拡がっていくことでしょう。

高校入試対策については、毎年9月までに山口県内全高校の入試要項が発表されます。志望校が決まった生徒から過去問を使い、志望校の入試問題の出題傾向に特化した対策をはじめられますので、理解の早い生徒は未履修の単元の勉強が終われば、並行して入試対策も行うことができるため、私立高校入試については中学校よりも早く入試対策に入れるという利点があります。

高校生 ①KCP学習コース ②高卒認定試験対策コース

2021年4月1日より、当社は並木学院高等学校のサポート校機能を持つようになりました。

①並木学院高校は広島市に校舎がある広域通信制高校で、当社がサポート校となることで、当社の教室に在籍する生徒さんは並木学院高校KCP学習コースの高校卒業資格取得をすることができます。※高校は「全日制」「定時制」「通信制」課程に分けられ、通信制高校はその中で通信制課程がある高校のことです。全日制、定時制と同様に高校卒業資格を取得できます。

 また、今年度の高校入試で進学先が決まらなかった生徒さんの受け入れも開始しています。

集団での授業が難しいお子さまや定期的な通学が困難なお子さま、自宅からでることが難しいお子さまでも大きく環境を変えることなく、現在のペースで高校卒業に取り組むことができます。また、大学や短大、専門学校などの進学を目指す生徒さんに対してのサポートや進路相談も行います。カリキュラムや教科書などご不明な点につきましては当社にお問い合わせください。

>>並木学院高等学校KCP学習センターについて

②通信制サポートを行うことができるようになりましたが、これまでと同様に高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)の対策も行ってます。高校を退学したKATEKYO生や不登校になったKATEKYO生がすべて通信高校生になるわけではありませんのでご安心ください。

KATEKYO下関は教育機関としての質をより高め、地域に密着して地域社会に貢献するという理念を進めてまいります。 不登校に至った問題の解決は困難ですが、KATEKYO下関では不登校対応に長けた専門のプロ家庭教師が一対一の完全マンツーマンでオーダーメイドの授業を行いますので、お子様の悩みに向きあい寄り添ながら勉強を行うことができます。